ヨシケイ

【ヨシケイ沖縄の安全性は?】野菜の産地や農薬の基準を1児の母が解説!

2022年3月14日

※当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。

悩める人

ヨシケイ沖縄は子供にも安心して食べさせられる?
産地や農薬の基準は?
カット野菜は安全?

ヨシケイは、管理栄養士監修のレシピと食材を自宅に届けてくれる食材宅配サービスです。

「買い出しや調理の負担が減る」「栄養バランスの摂れた食事が短時間で作れる」などのメリットがあります。

ただ、家族や子どもに食べさせるものは、安全性が気になりますよね

なつ子

結論から言うと、ヨシケイ沖縄の食の安全性のレベルは普通のスーパーよりもやや高めです。

今回は、ヨシケイを1年半以上利用している沖縄県民の私が、ヨシケイの安全性について解説します。

この記事でわかること

  • ヨシケイ沖縄の食材の産地、農薬・放射性物質などの基準
  • ヨシケイ沖縄で使用されているカット野菜の殺菌料
  • 子どもにより安心して食べさせられるヨシケイのコース

この記事を読むことで、ヨシケイ沖縄を安心して利用できるかどうかが分かりますよ♪

ヨシケイ沖縄の食の安全性

最初にも書きましたが、ヨシケイ沖縄の食の安全性は、「一般のスーパーよりもやや高め」です。

ここでは、以下の内容について見ていきます。

  • ヨシケイ独自の「YSO基準
  • 食品添加物」はYリストで管理(国より厳しめ
  • 野菜・果物」はほとんどが国産
  • 肉・魚」は外国産もそれなりにある
  • 農薬」は独自基準・検査なし(国の基準
  • 放射性物質」は独自基準・検査なし(国の基準
  • カット野菜の殺菌液は「次亜塩素酸ナトリウム
  • 衛生管理はダブルチェック体制

詳しく見てきます。

ヨシケイ独自の「YSO基準

ヨシケイには、「YSO(ヨシケイ・セーフティ・オペレーション)基準」という自主基準が設けられています。

YSO基準に基づいたヨシケイの取り組みは以下のとおりです。

ヨシケイでは、『YSO基準』に基づき、以下のような取り組みを行っています。

  1. 工場設備や食品、社員等の衛生管理基準を設け、品質管理の向上に取り組んでいます。
  2. 製造委託先を選定するための工場監査チェックリストを設け、厳しい工場監査に取り組んでいます。
  3. 独自の食品添加物基準である「Yリスト」を定め、安全・安心な商品のお届けに取り組んでいます。
出典元:ヨシケイ公式サイト

「食品添加物」はYリストで管理(国より厳しめ)

ヨシケイでは独自の食品添加物基準である「Yリスト」を設けています。

国が認めた食品添加物のうち、安全性に不安の残るもの(海外では不使用など)は使用していません

厚生労働省で認可されている化学合成添加物349品目のうち、安全性に問題があると思われる下記の添加物は使用しないことを決定し、メーカー、業者の指導を実施しています。

出典元:ヨシケイ公式サイト
なつ子

実際にヨシケイ沖縄に問い合わせたところ、下の表の添加物は使われていないとの回答をいただきました。

ヨシケイ広島の不使用添加物 
出典元:ヨシケイ広島|安心と食材のこだわり 

※表はヨシケイ広島公式サイトからお借りしていますが、ヨシケイ沖縄でも同様のためそのまま掲載しています。

※不使用添加物は、これからも更新する必要があれば更新していくとのことです。

なつ子

ーパーでこれらの食品添加物を避けて商品を選ぶのは大変なので、先に除外してくれているのはとてもありがたいですね!

「野菜・果物」はほとんどが国産

ヨシケイでは、野菜や果物はほとんどが国産です。

食材の産地リストもしっかりと届けてくれるので、「これ、どこ産のだろう?」と不安を持つことはありません。

ヨシケイ沖縄の産地リスト

ただ、外国産が全くないかと言えばそうではありません。

カボチャやパプリカなど外国産のものも届きます。

↓赤丸で囲んだ食材は外国産

ヨシケイ沖縄の外国産の食材

「肉・魚」は外国産もそれなりにある

肉や魚は、国産もあれば外国産もあります。

豚バラや鶏ももなどは国産が多いですが、牛肉や魚は外国産の方が多い印象です。

また、豚肉や鶏肉であっても、総菜・加工品になると外国産の割合が増えます。

「農薬」は独自基準・検査なし(国の基準)

ヨシケイの公式ページには「農薬」についての独自の検査・基準については書かれていません。

ヨシケイに問い合わせて確認したところ、ヨシケイ沖縄の野菜の農薬についても、特に自社検査は行っていないとのことでした。

(国の検査をクリアしたものを使用)

「放射性物質」は独自基準・検査なし(国の基準)

「放射性物質」についても、「農薬」と同じで独自の検査・基準については書かれていません。

こちらもヨシケイに確認したところ、ヨシケイ沖縄の食材についても特に自社検査は行っていないとのことでした。

(国の検査をクリアしたものを使用)

カット野菜の殺菌液は「次亜塩素酸ナトリウム」

ヨシケイのいくつかのコースは、カット野菜が入っているものがあります。

ヨシケイ沖縄に問い合わせたところ、カット野菜の殺菌液には「次亜塩素酸ナトリウム」を使用しているそうです。

「次亜塩素酸ナトリウム」って何?危なくないの?

悩める人
なつ子

私も不安になり調べてみると「次亜塩素酸ナトリウム」は、厚生省が許可している安全性の高いものということが分かりました。

学校給食などで使われる大量調理施設衛生管理マニュアルでも、食中毒を防ぐために使用を許可されています。

野菜及び果物を加熱せずに供する場合には、別添2に従い、流水(食品製造用水
注1として用いるもの。以下同じ。)で十分洗浄し、必要に応じて次亜塩素酸ナトリ
ウム等で殺菌注2した後、流水で十分すすぎ洗いを行うこと。特に高齢者、若齢者及
び抵抗力の弱い者を対象とした食事を提供する施設で、加熱せずに供する場合(表
皮を除去する場合を除く。)には、殺菌を行うこと。

出典元:大量調理施設衛生管理マニュアル
なつ子

それでも気になる場合には、「プチママ」や「定番」など、カット野菜の使われていないコースを選ぶと安心です。

衛生管理も厳しくチェック

ヨシケイでは、品質向上のためダブルチェック体制での衛生管理や、工場監査チェックなどを行っています。

工場設備や食品、社員等の衛生管理基準を設け、品質管理の向上に取り組んでいます。
製造委託先を選定するための工場監査チェックリストを設け、厳しい工場監査に取り組んでいます。
(中略)
ヨシケイでは、グループの本部にあります品質管理室ならびに外部検査機関によるダブルチェック体制での定期的な衛生監査をフランチャイズ会社および製造委託先に対して実施し、つねに衛生管理レベルの維持向上に取り組んでいます。

出典元ヨシケイの安全・安心
なつ子

外部機関からのチェックはより安心できる材料になりますね。

1食300円~!しつこい勧誘なし♪

より安心できる子育て世代におすすめのコースは「プチママ」

安全性を重視する子育て世代に一番おすすめなのは「プチママ」です。

理由は4つ。

  • 調味料はほとんど自分で用意するため、無添加の調味料を使用することができる。
    (調理済の食材(加工食品)などが含まれる場合があります。)
  • カット野菜は不使用
  • 離乳食レシピがついている
  • 子供向きのメニューが多い

個人的には、「調味料を自分で選べて、子供も好きなメニューが多い」という点で、「カットミール」や「定番」もありかなとは思っています。

ただ「カットミール」はカット野菜が気になるという方には使いにくいですし、「定番」は調理時間が長めというデメリットもあります

ヨシケイ沖縄のミールキットのより安心なコース
なつ子

まずはプチママを使ってみてから他のコースも試してみると良いよ!

1食300円~!しつこい勧誘なし♪

オイシックスとの比較

沖縄で利用しやすい食材宅配サービスには、ヨシケイの他にオイシックスがあります。

ここでは、ヨシケイ沖縄とオイシックスの食の安全性について見てみましょう。

ヨシケイロゴ
ヨシケイ沖縄
オイシックス商品画像
オイシックス
食品添加物安全性に問題があると
思われるものについて不使用
合成保存料・合成着色料
不使用
その他極力つかわない
農薬(特に記載なし)極力使わない
放射性物質(特に記載なし)青果物・乳製品・たまご・
鮮魚・精肉の
全アイテムを流通前に検査
ミールキットに入っている
カット野菜の洗浄
次亜塩素酸ナトリウム溶液
(次亜塩素酸水やオゾン水などを使用している県もあり)
・クール商品:水道水で洗浄(次亜塩素酸ナトリウム不使用)
・冷凍商品:水道水の他、次亜塩素酸ナトリウムなどを使用することもあり
野菜・果物の産地ほとんどが国産外国産もそれなりにある
(オイシックスの安全基準を満たす)
肉・魚の産地外国産もそれなりにある外国産もそれなりにある
(オイシックスの安全基準を満たす)

ヨシケイ沖縄

ヨシケイ沖縄では、国が認めた食品添加物のうち、安全性に問題があると思われているものなど(海外では不使用など)は使用していません。

その他の項目に関しては国の基準を採用しています。(独自の基準を設けている県もある)

オイシックス

オイシックスは、「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる食品のみを提供する」ことを理念として掲げています。

農薬や食品添加物に加え、化学肥料や畜産物への成長促進剤などの使用も極力抑えてたものを提供。

なつ子

食品添加物や残留農薬などについてシビアに考えている方には、オイシックスの方が向いています。

ヨシケイ沖縄の食の安全性【まとめ】

今回はヨシケイ沖縄の食の安全性について以下のポイントを中心に見てきました。

  • 食品添加物や農薬、放射能などの基準
  • カット野菜の殺菌料
  • 子供に安心して食べさせられるコース

ヨシケイ沖縄は、日ごろから食品添加物や農薬に気を付けている方には使いにくいかもしれません。

ただ、一般的なスーパーに並ぶ商品よりも安全性が高めです

また、ヨシケイは栄養士さん監修メニューで栄養バランスがよく、献立作りで悩むこともなくなるというメリットがあります。

なつ子

「普通に安全なら良い」「栄養バランスの良い食事をしたい」という方におすすめです。

ヨシケイでは通常の約半額でお試しが可能。

なつ子

さらに沖縄では5日間×2週のお試しができます。(2023年2月時点確認済み)

※公式サイトには記載はありませんが、初回説明時にスタッフさんから伝えられました。

お試し後は自動継続ではなく、しつこく勧誘されることもないので安心です。

ヨシケイが気になっている方は、まずはお試しから始めてみましょう。

1食300円~!しつこい勧誘なし♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が参考になりましたら幸いです(*´ω`)

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事

-ヨシケイ